読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電流とは、電圧とは?

f:id:overconfidence0993:20170122232607j:plain

電流と電圧の定義

電流と電圧、日常生活でもよく耳にする言葉だと思いますが、その意味と違いがわからない人も多いと思います。それぞれについてわかりやすくまとめてみました。

まず、

  • 電流(current)とは、一定時間あたりに流れる電気の量。
  • 電圧(voltage)とは、流れ(電流)を生み出す落差(滝みたいなのをイメージしてください)

のことです。

水路で説明

具体的に説明しましょう。下の図は、電気回路を水路になぞらえて模式的に表しています。

f:id:overconfidence0993:20170122233114j:plain

ポンプが水をくみ上げ、その水が滑り台を流れることで水が循環しています。ポンプがうみだしているものは、電圧(電源電圧)、すなわち落差です。電流は、水路を流れる水の量です。これを数式で表したものが、オームの法則、すなわちV=IRのことです。落差Vが急であれば、水Iは勢いよく流れます(下図)。

f:id:overconfidence0993:20170122233138j:plain

一般的な乾電池の公称電圧は1.5 Vですが、これは電気を流すポンプのパワーが1.5くらいである、という意味です。もちろん5 Vの乾電池(角ばっているやつです)や複数の電池を直列に繋げて作成した電源のほうがポンプとしては強力です。電池は「気をためる」ではなく、電気ポンプなんですね。